ペンダントを洋服にプラスするだけで品が出る

時代を超えて愛される魅力

いつまでも修理可能

腕時計

最近は、新しいものを次々に手に入れる時代から、古き良きものを大切に使っていくという時代に変わりつつあります。男性にステイタスシンボルともいえる腕時計に関しても、時代を超えて愛用していける高級時計が人気となってきています。オーデマピゲは世界三大メーカの一つに数えられるスイスのメーカーです。創業者の思いを150年以上引き継いでいるメーカーで、どんなに古い時計であっても修理が可能という高い技術力を持っているのです。オーデマピゲの時計は、価格もかなり高額になります。数百万円〜億単位のものまでありますが、一代で終わりというスタンスではなく、代々引き継いで大切にしていくという時計なのです。オーデマピゲが人気の理由は、やはりその技術力の高さにあるでしょう。オーデマピゲの時計は、正規販売店や並行輸入品として手に入れることが可能です。たとえ並行輸入品であっても、オーデマピゲ社製と認められている場合は修理やメンテナンスが可能です。万が一長い歴史の中で保証書等を紛失してしまった場合でも、店に持ち込むことで必ず自社製であるかどうかの判断がつくのです。そしてそれを判断できる技術者がいるという強みがあるのです。高級時計とは主に機械式時計が基本となります。オーデマピゲは機械式でありながら高度な性能を併せ持っているという特徴があります。他のメーカーでは決してまねができない高度な技術力と開発力により、そのブランド力を保っているのです。本物を身に着ける喜び、それがオーデマピゲにはあるのです。

素材やデザインの特徴

腕時計を身に着ける人

オーデマピゲは老舗の高級時計メーカーで、デザインから製造まで全ての過程を自社で一貫して行っていることから知られています。パーツの製造は下請け業者に任せるというメーカーが多い中、オーデマピゲでは他社を頼らないポリシーを貫いています。細かなパーツのひとつひとつにまで妥協がないので、品質の良さから世界的に注目されています。そのオーデマピゲの時計の中でも、ステンレス製のスポーツウォッチには特に人気があります。ステンレスですから汗などで錆びる心配はなく、軽量なのでスポーツやレジャーなどに適しています。さらに文字盤の枠が八角形となっていて、そのうちの二辺がベルトと一体化しています。つまり激しい動きにより枠がベルトから外れてしまう心配が少なく、安心して長く使用できるということです。こういった点から、スポーツウォッチの最高峰ということで世界中で愛されているのです。その分価格も高めで、モデルにもよりますが200万円が相場となっています。またオーデマピゲの時計には、フォーマルな衣服によく合うドレスウォッチもあります。やはりステンレス製なので金属独特の美しい光沢があり、デザインも細身でエレガントなことから人気となっています。中には文字盤にダイヤモンド、ベルトにプラチナやゴールドが使われているという、より高品質なドレスウォッチもあります。300〜500万円と価格はより高いのですが、その分輝きが強く、多くのセレブがジュエリーとして身につけています。

細部に職人の技術が光る

男性

オーデマピゲの中でも高い人気を誇るロイヤルオークは、ファーストモデルの復刻版が出るほど人気の高い商品です。正規店であってもすぐに購入することは不可能で、予約待ちで何年も待って手に入れる人も多くいます。オーデマピゲの特徴であるAPの文字が配置されていますが、シリーズによりその位置や大きさは異なり、好みも分かれることとなっています。ファーストシリーズから変わらずに、デザインはシンプルで、全体的にクラシカルな雰囲気となっているのが特徴です。その細部には職人の技とも言える箇所が随所に見られます。例えば、正面はヘアライン加工を施し、側面は美しい鏡面仕上げでなど、機械では出来ない加工が熟練の職人の手で仕上げているのです。パーツそれぞれを見てみても、男性らしくシャープなイメージがあるロイルオークでも、すべてのパーツはふち取りされており、さすがオーデマピゲと言わざるを得ません。この細やかな仕上げは、身に着けていても全く邪魔になることがなく、むしろずっと触っていたいと感じさせるほどなのです。オーデマピゲのロイヤルオークは、その薄さにも特徴があります。機械式時計は内部が非常に複雑で、高度な性能を持たせるとどうしても厚みが出てしまいます。オーデマピゲの高い技術力は、自動巻きやそのほかの機能を併せ持っていても薄さが他のメーカーより抜きんでているのです。200万円を軽く超える高級時計ではありますが、その価値は何年たっても変わらず愛することが出来る魅力がある時計なのです。