ペンダントを洋服にプラスするだけで品が出る

組み合わせでお洒落になる

上手な使い方とは

婦人

アクセサリーを上手に使うことによって、手持ちの服装に変化をつけることができます。コーディネートのバリエーションが少ない人は、アクセサリーを取り入れるだけで、バリエーションを広げる事ができるのです。ペンダントを沢山持っている、という人も多いでしょう。ペンダントは首元にアクセントを与え、華やかな雰囲気からシックな雰囲気まで様々に演出する事ができます。シンプルな服装の時は、大きめのペンダントや、長いペンダントをいくつも身につけると、とてもゴージャスでオシャレ度もアップします。また、胸元が開いた服装の時は、小さめのジュエリーがついた、チェーンの細いシンプルなペンダントがおすすめでしょう。胸元を美しく見せる事ができ、また大人らしい魅力を出す事ができます。そして、冬場はタートルネックを着用する人も多いでしょう。しかしいつも物足りなさを感じている、という場合には、パールのペンダントを身につけると、フォーマルな雰囲気にする事ができます。黒いタートルネックにジーンズでも、カジュアルになりにくいので、試してみましょう。そしてシンプルな服装は、様々なペンダントを楽しむ事ができます。白いTシャツは、個性の強いペンダントでも違和感を感じることなく、ペンダントの存在をさらに際立たせることができるでしょう。エスニック系の派手なデザインを身につければ、夏らしい雰囲気を出す事ができます。このように手持ちの服も、ペンダントを変えるだけで、また違った雰囲気にする事ができるため、チャレンジしてみましょう。

肌の色に合わせて真珠を

装飾品

ペンダントでもトップに使うアイテムによって、大きく印象が異なりますが、冠婚葬祭に利用でき、日常生活でも使えるのが真珠です。真珠を選ぶポイントとして、自分の肌に合ったカラーと、1粒でも存在感を残す大きさや照りのある物が生涯使い続けられる物です。ネックレスの場合には小粒でも美しく見せてくれますが、ペンダントの場合には一粒で美しく見せる事が重要です。そのため、8ミリ玉から9ミリ玉以上を選ぶことで、真珠の存在感や輝きを強く印象付けるペンダントトップとなります。カラーに関してはホワイトピンクが一番人気となっていますが、肌の色に合わせて選ぶことで、更に美しく見えるでしょう。血色がよく健康美な色黒タイプの場合、ホワイトを中心にしたゴールド・イエロータイプの真珠が似合うといわれています。対して日焼けせず色白タイプの場合には、ホワイトピンクだけでなく、シャンパンホワイト、グレーやシルバーが似合うでしょう。肌の色に合わせて選ぶことで、真珠の印象をより強めてくれる為、選ぶ時には肌の色と比較して選んでください。テリや傷に関しては、直接見てみなければわかりませんので、直接下見に出かけて確認してから購入するとよい質のものを選べます。チェーンに関してはプラチナが一般的ですが、ホワイトゴールドを使ったものも増えてきているため、好みに応じて選びましょう。稀にゴールドのチェーンについているペンダントもありますが、つける場が限られてくることを理解してから購入してください。

付け替え可能

女の人

ペンダントは、ぶら下げるという意味を持つ、ポピュラーなファッションアイテムの一つです。その名の通り、首からぶらさげて使用します。ペンダントには様々な種類があり、服装によって使い分けることで、おしゃれを演出出来ます。またペンダントは、使用するヒモの部分にも特徴があります。通常のネックレスはチェーンタイプが多いですが、ペンダントは革のヒモで出来ているものも多く、それらは特に若者に人気です。革のヒモで作られたペンダントは、民族的な雰囲気を作り出すことが出来、おしゃれに向いています。またペンダントの中には、ロケット型というタイプもあります。ロケット型は、ペンダントの飾り部分が小さな入れ物になっているものです。大事なものや、写真などを入れて使います。また、ペンダントはプレゼントにも最適です。特に女性は、様々な服装のパターンがありますから、何個も持っている人が多いため、喜ばれます。恋人への誕生日やクリスマスプレゼントとして素敵なペンダントを贈ってみましょう。また、若者だけでなく、子供や年配の方も楽しむことが出来るというのも特徴の一つです。子供であればキャラクターもの、年配の方はナイロンのヒモで出来たものなどが良いでしょう。年齢を問わず楽しむことが出来るのが、魅力の一つです。このようにペンダントには様々な種類があり、多くの人が楽しむことが出来る身近なファッションアイテムの一つと言うことが出来ます。